中古車の履歴書?

プライスボードは中古車の履歴書



販売店に展示されている物件のフロントウィンドウに掲げられているプライスボードには、そのクルマを知るための重要な情報が記載されている。
記載内容や表示の仕方は、自動車構成取引協議会の規約によって細かく定められ、すべての項目にきちんと明記されているかどうかによって、ショップの信頼性を判断できると言ってもいいだろう。
記載項目を見ることで、そのクルマの状態や使用状況などを判断できるので、気になる物件のものはしっかりチェックしておこう。
また定期点検整備記録簿など、クルマに付いている書類もあるなら、こちらもチェックもしておきたい。
定期点検記録簿からは、過去の点検内容や点検時の走行距離を知ることができる。もし分からない場合などは廃車プロスタッフが親切・丁寧に応対致しますので廃車の事に関してはスタッフに聞いてみるのも良いでしょう。

@ 【現金販売価格】
通常ここに掲示される価格は消費税を含んだ価格となっているが、購入時に必要となる保険料、税金(消費税を除く)、登録に伴う費用は含まれていない。納車時までに整備して販売する場合には整備費用を含めて表示することになっているが「現状渡し」ということもあるので、このあたりは確認しておかなければいけない。

A 【初年度登録年月日(年式)】
そのクルマが日本で最初に登録された年月で、国産車だったらイコール「年式」と考えていい。しかし、輸入車の場合は、年式と初年度登録年月が異なる場合があるので、「○年式」という表示が併記される。

B 【車検証有効期限】
車検がいつまで有効なのかを記した欄。車検が長く残っていれば、購入してからすぐに車検費用がかかることもないし、重量税、自賠責保険などの付帯費用の額が少なくなるメリットもある。いずれにしても車検や定期点検など必要になってくるので、身近な整備店を探しておくといいでしょう。

C 【走行距離数】
メーターの表示に故障などの疑いがある場合は、距離数の後に“?”を表記している。

D 【前使用者の定期点検記録簿】
展示する時点からさかのぼって過去2年以内に実施された定期点検整備記録簿が備え付けられている場合には、「有」になる。記録簿には整備を受けたときの走行距離が記入されているので、その点では安心できる。

E 【修復歴】
自動車公正取引協議会基準では、一定の部品(下図を参照)交換または修正したクルマを修復歴有としている。プラグコードなどの電気ケーブルもチェックしエンジンの動作も確認する。

F 【保証付き販売】
定期点検整備、またはこれに準ずる点検整備をしたうえで、保証書を付けて販売するもの。他に「保証書なし整備付き」や「現状渡し」もあるが、よほどメカに詳しい人でない限り保証付きのクルマが安心だ。

G 【リサイクル料金の預託状況】
自動車リサイクル料金が預託されているかいないかを表示。料金が車両本体価格に含まれているのか否かも表示される。




公取協による修復歴車の定義

(1)フレーム
(2)フロントクロスメンバー
(3)フロントインサイドパネル
(4)ピラー
(5)ダッシュパネル
(6)ルーフパネル
(7)ルーフフロアパネル
(8)トランクフロアパネル
(9)ラジエターコアサポート(交換)

 

Favorite

Last update:2017/1/25