最後に・・・

 おまけ1

管理人の独り言

新車販売の低迷振りとは裏腹に、中古車マーケットでのクーペの人気は衰えることを知りません。

流通数が少ないこともありますが、新車時に憧れていた人たちが値段的にこなれてきたタイミングで飛びついているのかもしれないですね。

さて今回クーペ好きな管理人が選んできた中古車は
R32日産スカイラインGT-R(平成4年式、 2.6GT-R)、
トヨタスープラ(平成6年式、3.0SZ)、
S15日産シルビア(平成11年式、2.0スペックS)、
旧型ホンダインテグラ(平成9年式、1.8タイプR)、
FDマツダRX-7(平成5年式、タイプR)の5台です。


いずれ劣らぬ「濃い」クルマたち。ただしシルビアだけはこの値段だとターボなし、ATとなるので若干不利(?)ではあります。

>>

懐かしい、この世界観!

実際に運転席に座ってみて驚いたのがRX-7の着座位置の低いこと!(笑)
これに比べたらスープラはもちろん、インテグラなんて完全に実用車です。

最近こういったシートポジションのクルマが本当に少なくなりました。
座っただけで「やる気」になるクルマです。

もちろんロータリーという特殊な内燃機関は一度は味わってみたいもの。
最新のRX-8のものと比べるとじゃじゃ馬ぶりが目立ちますが、
それもまた魅力ではないでしょうか。
 




一方インテグラが有利なのは、シルビア以外のクルマと比べると世代がひとつ新しいこと。
内装の質感などを比べると、まだ現役な感じがします。しかし何はさておきインテグラの魅力はエンジン。
エンジンのホンダが職人さん動員して組んだエンジンが悪いはずがない。現行のタイプRよりもこの世代のエンジンのほうが刺激的と言う人も多かったりします。


  スープラはスポーツカーではありません。

典型的なアメリカングランドツアラーです。

コックピットのような運転席、マッスルな外観、大味だけど迫力ある走り。

流石は戦艦と呼ばれるだけはあります!

100万円だとターボなしですが、それでも十分。

こういった世界観を持ったクルマも今や新車では見当たらなくなりました。

 

シルビアはドリフトブームでターボモデルの人気が再燃しており、こちらはまだNAより50万円くらい高値です。
しかるに100万円でターボなしオートマのS15を選ぶ価値は、やっぱりスタイルではないでしょうか。
特にリアから見るとイタ車の香りが漂うスタイル、もう少し評価されてもいいんじゃないかと思ったりします。

そしてR32GT-R。

程度のいい個体は未だに200万円以上の値が付いていますし、
ほとんど乗らずに大切に保管されていたものの中には、
1000万円を超えるものすらあります。

R33、R34と種類はあれど、どれもこれも未だに根強い人気があります。
う〜ん、驚きです。もはやクルマではなくGT-Rという乗り物なんでしょうね。
100万円で買えるとなると走行距離もそれなりに出ていますし、
程度もマチマチです。

でも流用パーツもいまだにたくさん出ているし、
安い個体を買って仕上げるのも愛着が湧いていいかもしれません。
 

 

今回の5台はいずれ劣らぬ個性の持ち主ですし、それぞれが小宇宙を持っています。
しかし個人的にR32は別格かなぁ。みなさんはどの車がお気に入りでしょうか?ここで紹介した車の中にあったなら管理人と気が合いそうですね。
中古車探しで迷ってる貴方、手を出してみてはどうですか?(笑)
今の時代に生きるクルマ好きとして、R32に乗っていたということは話のネタにもなるし、クルマをきっかけとした仲間もできるでしょう。

 

管理人個人が思う中古車選び

おまけ2

管理人的中古車選び


中古車は新車と違って、大げさに言うと同じ車は2台と存在しないオンリーワンでございます。

気に入った車があれば即決も考えた方がイイとは思いますね。

長期間色々と探しすぎて、一番気に入っていた車をイザ買おうとおもったら売れてた・・・なんて事も十分考えられます・・・というかありました。
   
とても気に入った車を見つけたお客様(管理人の友人なんですけどね(笑)A様)が、どうしてももう一日考えたいという事で自宅へ帰られたのですが、
数時間後に県外から来られたお客様(B様)が同じ車をネットを見て来店されたそうです。

遠路はるばる来られたのでもちろん即決です。

翌日、A様が買う気満々で来店されたのですが、時すでに遅 し・・・。あれこれ迷いすぎると気に入った車を逃す事にもなりますよ(^-^;)




  中古車は、現物をみたほうが絶対に良いと思います。
結局、色彩とか退色の程度、オプション、室内の程度、タバコの匂いなど、
現物を見ないとわからないから、オークション等で買ってがっかりしないためには、現物主義で。

また、人気のある車両は次から次に売れちゃうらしいです。

車は機械ものだからダイヤモンド等の宝石のように、大きさ、色、キズで価格が一定とか、土地のように近隣相場×面積というものでもないです。

陳列場に行き、「私よ、私! ねぇ。私が一番いい車よ。貴方の愛車になりたいわ!」と、
車から声がするような、自分の感性でピンと来る車を買ったほうが良いです!!!!(`・ω・´)
毎日、朝、車庫にある、その車を見ると、「今日もがんばろう。週末はドライブにいこうね。」とか話しかけられる車ぐらい愛着もわくようなクルマが良かばってん。

故障や事故はイヤだから、安心して乗れる車なら、ディーラー系の販売店がいい。
ディーラーのメンツかかっているから、整備が非常によく、値段は高めだが、新車の年度落ちくらいのつもりで。
ディーラー工場で整備されている車は整備簿も搭載されているから、状況が非常にわかりやすいです。
ただ、ディーラーは、そのディーラーの車両が主体で、ディーラー違いの車との比較が出来ないのがネックだったりしますけどね。。

町の中古車屋の場合、やはり大きな店が選べるから得。小さな店は、選べない代わりに安い。
ただ、買ったあとで故障しても「機械ですから・・」と店は責任はとってくれない。車検もピンキリだから、「見ただけ」の車検もあるので個人の目利きが重要です。

私は、中古車は、新車よりは絶対に安いから、もし、「ただ、走ればいい。」なら町の中古車で、徹底的に単純で故障しないようなクルマ。
  自分で本格的に乗るならば、やはりディーラーの中古車で、予算で買う。と使い分けたほうが良いと思います。

中古車は、車種、色、外装で、オプションはカーナビクラスでないと評価されないから、中古はオプションが多いのが割り得。事前に中古車情報を調べておけば、お得な中古車を入手できるかもしれません。
絶対注意は、タバコのにおいのする車。これはエアコンにしみついているから中々取れません。喫煙者ならかまわないでしょうが、禁煙者の方には耐え難い苦痛になると思います。
どうしても買い取ってもらえなかった車は廃車業者さんにお願いしましょう。中古車買取店で買い取って貰えなくても、廃車業者の方で買い取ってもらえる可能性がありますから、あきらめないで!!


個人的に思うことをだらだらと書いてみました。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
この中古車応援サイトが何らかの参考になり、皆様がよい中古車にめぐり合うことを願ってます。

 

Valuable information

2017/1/25 更新